京・花壺螺暮

京都を中心に旬の花情報を紹介します。


酔芙蓉

大乗寺

酔芙蓉という花は
平安の頃から観賞され愛されてきたようだ。
朝に咲いた白い花は昼ごろから紅に染まり始め、
夕方には濃紅色となりそして萎んでいく。
その様は人がお酒を飲むにつれ顔が
赤くなっていく様と似ているので
この名前がついたと云われる。
やはり酔うのは朝よりも夕方の方が
人間もいいのかなと個人的に思う。

この花が群生しているのが
山科にある大乗寺。
でかけた日はまだ4分咲きといった感じで
蕾も多く見頃にはまだまだ先のようであった。
昼前なのでまだ染まり始めてなかったようだ。
となりの花は昨夜に染まり萎んでしまった。

来週あたりがほどよい感じだろうか。
でかける時間は朝よりも
ほんのり赤く染まる昼下がりがようさそうだ。

(9.18 大乗寺)

関連記事

テーマ:花の京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/09/21(水)|
  2. 芙蓉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<幸せの輪、拡がれ! | ホーム | 咲きこぼれる萩の花>>

コメント

こんばんは~
染まって萎んだ赤い花と
少しピンクに染まる繊細な花びら
綺麗ですね。
酔芙蓉うまく言い表した名前ですね。

燃えるような彼岸花に
風情ある萩のクリアな画像に魅了されました。
  1. 2011/09/22(木) 20:23:43 |
  2. URL |
  3. aya #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし


★ayaさん

大変ご無沙汰しており
恐縮です。
コメントまでいただき感謝いたします。
まだアップするのが精いっぱいですが
追々訪問させていただきます。

  1. 2011/09/22(木) 23:08:36 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotohana.blog97.fc2.com/tb.php/661-390863dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog内検索

カスタム検索

京都情報





広告




最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

広告2

リンク




京・壺螺暮感想箱

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

松風

Author:松風
写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おすすめ


複数の通貨ペア
ブログタイムズ