京・花壺螺暮

京都を中心に旬の花情報を紹介します。


潮待ち風待ちの港

唐琴通りトップ

牛窓の歴史を感じる港町を
歩いてみました。


牛窓はリゾート地というイメージが
強かったのですが、
昔ながらの面影を残す通りがありました。
通り1

牛窓は江戸時代から昭和30年頃にかけて
港町として栄えたようです。
その面影が今も残っていました。
まずは海に向けて聳える三重塔が印象的な本蓮寺。
江戸時代には、朝鮮通信使の接待所として使用されたようです。
本連寺

江戸時代には、朝鮮通信使を岡山藩を挙げて
歓待する施設として重要な役割を果たしたようです。
通りには白壁の土蔵、
格子戸の家が連なり雰囲気がいいです。
通り1

通り2

通り4

散策した時期には
ちょうど八朔ひな飾りが開催されていて
民家のあちこちにお雛さんが飾られていました。
お雛

牛窓が昔からの港であったことを
象徴する牛窓燈籠堂跡。
燈籠堂

やはり名監督はこの地を見逃しませんね。
通り3

今村昌平監督の「カンゾー先生」は
ここ牛窓が舞台になりました。

潮待ち風待ちの良港として栄えた牛窓は、
日本古来の町並みと、
ヨーロッパの風景が同居している町なのでしょう。
小さな町ですがなかなか面白いところですよ。
関連記事




テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/09/22(水)|
  2. ワンコ旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<牛窓の落陽 | ホーム | 日本のエーゲ海>>

コメント

瀬戸内の小京都
イメージだけが膨らみます

街歩きスナップ
その魅力が
写真から伝わってきます
  1. 2010/09/24(金) 05:46:55 |
  2. URL |
  3. 雪だるま #4fG4L4vo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

★雪だるまさん

歴史ある港なったとは
でかけて歩いてみてわかりました^^

> 瀬戸内の小京都
> イメージだけが膨らみます
>
> 街歩きスナップ
> その魅力が
> 写真から伝わってきます
  1. 2010/09/27(月) 20:59:18 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotohana.blog97.fc2.com/tb.php/439-18369cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog内検索

カスタム検索

京都情報





広告




最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

広告2

リンク




京・壺螺暮感想箱

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

松風

Author:松風
写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おすすめ


複数の通貨ペア
ブログタイムズ