京・花壺螺暮

京都を中心に旬の花情報を紹介します。


葵祭

葵1トップ

葵祭 路頭の儀は、
騎馬隊から始まります。



平安装束に身を包んだ人々と馬に牛が
京都御苑を出発し下鴨神社、上賀茂神社へと練り歩きます。

行列の先頭は上賀茂の競べ馬の騎手である
乗尻(のりじり)という騎馬隊です。
乗尻

乗尻に続いて、
第1列は検非違使と
山城使およびその従者たち

淡い藍色の装束の検非違使志(けびいしのさかん)、
黄みを帯びた橙色の装束の検非違使尉(けびいしのじょう)。
何れも弓矢を持つ調度掛(ちょうどがけ)に、
鎖を持つ鉾持(ほこもち)を従えています。
その後は山城使(やましろつかい)と続きます。
検非違使志

検非違使じょう

山城


ご覧のように巡行列の先頭は巡行の警備にあたる騎馬隊などです。
御所を出て洛外の地を巡行するので、
警察法務を扱う検非違使の警護のほかに、
洛外の沿道を所管する山城使の警護が加わります。

また参考資料によれば、
元々の葵祭は荒っぽさを見るために近隣近郷から多くの人馬が集まる祭礼で、
京都が山城国であった時の勇壮な祭であったそうです。
その名残が一列に表されているようです。

撮影【2010】

明日5月15日は葵祭です。



関連記事




テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/05/14(日)|
  2. 歳時記

blog内検索

カスタム検索

京都情報





広告




最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

広告2

リンク




京・壺螺暮感想箱

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

松風

Author:松風
写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おすすめ


複数の通貨ペア
ブログタイムズ