京・花壺螺暮

京都を中心に旬の花情報を紹介します。


賀名生梅林

賀名生トップ

まるで淡いピンクの雲海のように
梅が咲き誇ります。


用事で奈良・吉野へ行ったので
ちょっと寄り道して五條市にある賀名生(あのう)梅林へ。
山の麓から中腹、山頂近くまで梅が植わっています。
ロング1

ロング2

車で周遊できるそうですが、
歩いておられる方に迷惑なので私たちも歩きましたが…。
ロング3

ロング4

全て歩いて廻ると2時間ほどかかるとか。
坂道を延々と上るには、
ワンコ連れ、小さな子供連れでは無理ですね。
麓あたりで残念しました。
今年ラストの観梅は梅の里でした。
アップ1

アップ2

賀名生の里は、南北朝時代に
都を追われた後醍醐天皇と公家たちが
吉野へ落ちる旅の途中に休まれたとされています。
賀名生の梅の花が歌に詠まれていたようで、
当時も梅の咲く地であったのですね。
現在のような2万本と広大な梅林になったのは、
梅の実の栽培が始まった明治以降とか。

関連記事




テーマ:花の大和 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/03/15(月)|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8
<<淀の河津桜 | ホーム | 京の枝垂れ桜マップ>>

コメント

奈良三大梅林の一つですが、まだ行った事がありません。
結構奈良市内に梅林があるもので。
でも、吉野らしい見事な光景ですね。
長閑な感じが良いですね。

お仕事お忙しそうですね。
無理をなさいませんように。
  1. 2010/03/15(月) 22:01:30 |
  2. URL |
  3. かたちゃん #WNm9OYj6
  4. [ 編集 ]

何だか、日本昔話に出てくるみたい(^v^)

風情があって良いナー。

全て歩いて2時間とは・・・歩けるかv-218

良い運動にもなるし、綺麗な景色、匂い、何もかも心地良い時間を過ごせそう。
  1. 2010/03/15(月) 22:35:27 |
  2. URL |
  3. chanelmiki42 #-
  4. [ 編集 ]

山の斜面一面が梅、って風景は
なかなかお目にかかることができない
と思います。
ここ、いい場所ですよね。
また訪れてみたいものです。
  1. 2010/03/16(火) 01:25:23 |
  2. URL |
  3. Rio #5pxzAYMY
  4. [ 編集 ]

斜地の梅園というのは良いですね
立体的で楽しめます

ここは行ったことがないのですが
ノボリが立っているという事は
祭りなどが催されているのでしょうか?
知らない名所
マダマダ数多くあるようです
  1. 2010/03/16(火) 05:08:46 |
  2. URL |
  3. 雪だるま #4fG4L4vo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

★かたちゃん

今回初めていきましたが
広いですね。
山をどんどん上がって行くので
汗たらたらでした^^

> 奈良三大梅林の一つですが、まだ行った事がありません。
> 結構奈良市内に梅林があるもので。
> でも、吉野らしい見事な光景ですね。
> 長閑な感じが良いですね。
>
> お仕事お忙しそうですね。
> 無理をなさいませんように。
  1. 2010/03/22(月) 19:19:14 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

★mikiさん

古くから梅の名所らしいですね。
ワンコ連れでしたので
途中で引き返しました^^;


> 何だか、日本昔話に出てくるみたい(^v^)
>
> 風情があって良いナー。
>
> 全て歩いて2時間とは・・・歩けるかv-218
>
> 良い運動にもなるし、綺麗な景色、匂い、何もかも心地良い時間を過ごせそう。
  1. 2010/03/22(月) 19:20:27 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

★rioさん

梅は霞のように
山に漂っていました。
いいところでしたよ。

> 山の斜面一面が梅、って風景は
> なかなかお目にかかることができない
> と思います。
> ここ、いい場所ですよね。
> また訪れてみたいものです。
  1. 2010/03/22(月) 19:21:40 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

★雪だるまさん

梅祭が行われていましたよ。
といっても大袈裟な祭ではなく
道の途中途中にゴザをひろげてお店が
でる長閑な感じです。


> 斜地の梅園というのは良いですね
> 立体的で楽しめます
>
> ここは行ったことがないのですが
> ノボリが立っているという事は
> 祭りなどが催されているのでしょうか?
> 知らない名所
> マダマダ数多くあるようです
  1. 2010/03/22(月) 19:23:16 |
  2. URL |
  3. 松風 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotohana.blog97.fc2.com/tb.php/322-607da96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog内検索

カスタム検索

京都情報





広告




最新記事

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

広告2

リンク




京・壺螺暮感想箱

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

松風

Author:松風
写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おすすめ


複数の通貨ペア
ブログタイムズ